事業計画

令和3年度事業計画書

体験活動のプログラム

内容 目的 所要時間 指導者名 参加定員数 参加費用

1)環境教育「座学」

  • 豊かな自然と私たち
  • 土の中の虫さんの働きと食物連鎖

対象者:小中学生

  1. 人と自然のかかわりを知り、自然環境の重要性に気付き、生き物の生活を知ることから命の尊さを学ぶ。
1時間 力武 和夫
田中 和生
20名程度 1人当り
1,000円

2)森のクラフトづくり

  • ネイチャークラフト

対象者:小中学生

  1. 自然に親しみ、素材の特徴や名前を知る。
  2. 知恵と工夫を駆使し想像力と創造力を養う。
  3. 五感を使いながら感性や意欲を蘇生させる。
2時間 上赤 菜都美
專門指導員
20名程度 1人当り
1,000円

3)森で遊ぼう!

  • ツリーハウス体験

※要・保護者の同意

対象者:小中学生

  1. 森の中の心地よさ・楽しさ・体力の必要性などを体感する。
3時間 野崎 忠秋
安全管理者
20名程度 1人当り
2,000円

4)親子で防災学習

  • 避難のタイミング
  • 仮設テントの張り方
  • 防災食の作り方
  • 火の起し方

対象者:小中学生

  1. 災害時の備えとして自助・共助などの助け合いの精神について学ぶ。
3.5時間 野崎 忠秋
田中 和生
專門指導員
20名程度 1人当り
1,000円

5)山の生物たちと山遊び

  • 動物の足跡探し(フィールドサイン)
  • 昆虫採集(ライトトラップ等)
  • バードウォッチング
  • 竹とんぼ作り

対象者:小中学生

  1. 自然の生き物たちを知り一体感を味わう。
  2. 自然素材の利用を楽しむ。
2時間 上赤 菜都美
專門指導員
20名程度 1人当り
1,000円

年間計画

主な年間の体験内容
時期 実施事項
① 4月上旬ごろ

1. 環境教育「座学」

  • 豊かな自然と私たち
  • 土の中の虫さんの働きと食物連鎖

5. 山の生物たちと山遊び「体験」

  • 動物の足跡探し(フィールドサイン)
② 8月上旬ごろ

5. 山の生物たちと山遊び「体験」

  • 昆虫採集(ライトトラップ等)
  • バードウォッチング
③ 11月上旬ごろ

3. 森で遊ぼう「体験」

  • ツリーハウス体験

5. 山の生物たちと山遊び「体験」

  • 竹とんぼ作り
④ 12月上旬ごろ

4. 親子で防災学習「体験」

  • 避難のタイミング
  • 仮設テントの張り方
  • 防災食の作り方
  • 火の起し方
⑤ 12月中旬ごろ

2. 森のクラフトづくり「体験」

  • ネイチャークラフト(クリスマスや正月用の飾りなど)
四季ごとの体験
時節 主な実施内容
① 春季(3~4月)

1. 環境教育「座学」

5. 山の生物たちと山遊び「体験」

その他

② 夏季(7~8月)

1. 環境教育「座学」

3. 森で遊ぼう「体験」

4. 親子で防災学習「体験」

5. 山の生物たちと山遊び「体験」

その他

③ 秋季・冬季(11~12月)

1. 環境教育「座学」

2. 森のクラフトづくり「体験」

4. 親子で防災学習「体験」

5. 山の生物たちと山遊び「体験」

その他

ページのトップに戻る ↑

令和2年度事業計画書

体験活動のプログラム

内容 目的 所要時間 指導者名 参加定員数 参加費用

1)環境教育「座学」

  • 豊かな自然と私たち
  • 土の中の虫さんの働きと食物連鎖

対象者:小中学生

  1. 人と自然のかかわりを知り、自然環境の重要性に気付き、生き物の生活を知ることから命の尊さを学ぶ。
1時間 力武 和夫
田中 和生
15名程度 1人当り
1,000円

2)森のクラフトづくり

  • ネイチャークラフト

対象者:小中学生

  1. 自然に親しみ、素材の特徴や名前を知る。
  2. 知恵と工夫を駆使し想像力と創造力を養う。
  3. 五感を使いながら感性や意欲を蘇生させる。
2時間 上赤 菜都美
專門指導員
15名程度 1人当り
1,000円

3)森で遊ぼう!

  • ツリーハウス体験

※要・保護者の同意

対象者:小中学生

  1. 森の中の心地よさ・楽しさ・体力の必要性などを体感する。
3時間 野崎 忠秋
安全管理者
15名程度 1人当り
2,000円

4)親子で防災学習

  • 避難のタイミング
  • 仮設テントの張り方
  • 防災食の作り方
  • 火の起し方

対象者:小中学生

  1. 災害時の備えとして自助・共助などの助け合いの精神について学ぶ。
3.5時間 野崎 忠秋
田中 和生
專門指導員
15名程度 1人当り
1,000円

5)山の生物たちと山遊び

  • 動物の足跡探し(フィールドサイン)
  • 昆虫採集(ライトトラップ等)
  • バードウォッチング
  • 竹とんぼ作り

対象者:小中学生

  1. 自然の生き物たちを知り一体感を味わう。
  2. 自然素材の利用を楽しむ。
2時間 上赤 菜都美
專門指導員
15名程度 1人当り
1,000円

年間計画

【初年度】9月からの体験活動プログラム番号と主な内容
時期 実施事項
① 9月上旬ごろ

1. 環境教育「座学」

  • 豊かな自然と私たち
  • 土の中の虫さんの働きと食物連鎖

5. 山の生物たちと山遊び「体験」

  • 動物の足跡探し(フィールドサイン)
② 10月初旬ごろ

5. 山の生物たちと山遊び「体験」

  • 昆虫採集(ライトトラップ等)
  • バードウォッチング
③ 11月初旬ごろ

3. 森で遊ぼう「体験」

  • ツリーハウス体験

5. 山の生物たちと山遊び「体験」

  • 竹とんぼ作り
④ 12月初旬ごろ

4. 親子で防災学習「体験」

  • 避難のタイミング
  • 仮設テントの張り方
  • 防災食の作り方
  • 火の起し方
⑤ 12月中旬ごろ

2. 森のクラフトづくり「体験」

  • ネイチャークラフト(クリスマスや正月用の飾りなど)
【次年度以降】令和3~5年度の体験活動プログラム番号
時節 実施事項
① 春季(3~4月)

1. 環境教育「座学」

5. 山の生物たちと山遊び「体験」

その他

② 夏季(7~8月)

1. 環境教育「座学」

3. 森で遊ぼう「体験」

4. 親子で防災学習「体験」

5. 山の生物たちと山遊び「体験」

その他

③ 秋季・冬季(11~12月)

1. 環境教育「座学」

2. 森のクラフトづくり「体験」

4. 親子で防災学習「体験」

5. 山の生物たちと山遊び「体験」

その他

ページのトップに戻る ↑

トップページへもどる